STAFF PROFILES

会社のエネルギー、スタッフのエネルギー。

多くの西欧諸国にとって、パンは朝食の一部です。しかし、朝食にはもちろん、昼食や夕食にも出てこない国がたくさんあります。食の違いは、文化の違いの代表例かもしれません。このページでは、弊社スタッフを、各国の朝ごはんと一緒に紹介します。

  • ロナルド・スタンバーグ

    CEO

    • Languages: 英語、日本語
    • Growing up: 小麦クリーム(シリアル)、ライスクリスピー
    • Now: フルーツとブルガリアヨーグルト
    伝統的なアメリカの朝食:卵、ベーコン、ソーセージ、ハッシュブラウンズ、パンケーキ

    ロサンゼルスで育ったロンが東京にやって来たのは、40年以上も前のことです。RCSを立ち上げる前は、日本のマガジンハウスで、編集タイアップ、タイイン広告、海外へのロジスティックスやマーケティングなどを担当してきました。ロンは、日本人の海外ブランドに対する価値観、スタイル、ファッション、態度などを、肌感覚で理解しています。現在はRCSの代表だけでなく、Visit USA Committee の役員、フランス観光開発機構の相談役も兼務しています。

    Visa中国とアメリカの有名デパートのパートナーシップを結んでいるとき、中国の消費者はデパートの「中に」多くのブランドがあることを知っていましたが、デパート「そのもの」のブランディングについてはよく知りませんでした。クライアントでさえ、デパートとモールの違いがよくわかっていませんでした。どちらも、買い物の体験をキュレーションする点は同じです。唯一の違いはそれぞれのブランドに「ドア」があるかです。このようなインサイトがパートナーシップでは重要なことで、デパートのブランドとパートナーシップを結ぶとき、プロジェクトの成功に関わってくるのです。

  • ドミニク・ユングヘネル

    シニア・マネージャー、パートナーシップ・ディベロップメント

    • Languages: ドイツ語、英語、日本語、フランス語(少し)
    • Growing up: シリアル、ヨーグルト、パン、ジャム、チーズ
    • Now: シリアル、ヨーグルト、フルーツ、パン
    伝統的なスイスの朝食:パン、チーズ、塩漬け肉、バターとジャム

    チューリッヒ生まれ、日本在住10年以上。スイス政府観光局での経験を活かして、RCSではパートナーシップ開発を担当するマネージャーとして活躍。オーストラリア、ニュージーランド、スイス、ドイツ、ロシア、マレーシア、シンガポールなど、マーケット拡大のプログラムをマネジメントしています。

    日本では時間通りであることが当たり前なので、アポイントメントの10分前には必ず到着するようにしています。オーストラリアへ初めて出張した時、 相手が数分も遅れて現れることがあり、とても驚きました。日本では許されないことが、オーストラリアでは問題になりません。 日本とスイスでは異なる文化のように見えますが、時間厳守という点ではすごく似ています。

  • ヨシ・ナカタニ

    ビジネス・ディベロップメント、マーケティング・マネー ジャー、コピーライター

    • Languages: 日本語、英語、フランス語(少し)
    • Growing up: ご飯と味噌汁
    • Now: 完全食
    伝統的な日本の朝食:焼き魚、お米、味噌汁、漬物

    東京郊外に生まれたヨシは、17年以上の多分野におけるコピーライティングの経験を活かしながら、ビジネス・ディベロップメントやマーケティング・マネジメントを行なっています。

    文化は、内側から見るより、外側から見た方がはっきりとすることもあります。日本人でも知らないようなことを、外国の方が知っていて驚かされます。

  • マイケル・プリチャード

    シニア・マネージャー、プロダクション

    • Languages: 英語、日本語
    • Growing up: シリアル、トースト、伝統的な英国の朝食(ベーコン、ソーセージ、卵、トースト)
    • Now: シリアル、トースト、イングリッシュ・ブレックファースト(ずっと変わらず)
    伝統的なイギリスの朝食:卵、ベーコン、ソーセージ、マッシュルームとトマトのグリル、ビーンズ

    ロンドンに生まれたマイクは、日本語能力と飽くなき好奇心から22才で来日。さまざまなタイム・ゾーンにあるチームをマネジメントした専門的な経験、そして自身のクリエイティビティを活用して、現在は正確で効果的なコミュニケーション・ツールの製作に従事しています。

    日本の学校で教えていたとき、日本の教育がグループで一緒に働くための準備であることに気づきました。イギリスの教育は、互いに助けたり、尊重したりすることに重点が置かれていません。この経験から教育の目的について、より深く考えるようになりました。

  • サブリナ・チトー

    ヨーロッパでの戦略的パートナーシップ開発、パリ・オフィス

    • Languages: フランス語、英語、中国語、日本語
    • Growing up: シリアル、クロワッサン、パン・オ・ショコラ
    • Now: シリアル、クロワッサン、パン・オ・ショコラ
    伝統的なフランスの朝食:クロワッサン、カフェラテ

    ヨーロッパ支社を立ち上げ、さまざまなカテゴリーのマーチャントとのパートナーシップを構築、また世界各国の複雑なプロジェクトも管理しています。カンボジア系中国人の両親に生まれ、フランスのリヨンで生まれ育ち、台湾と日本で働いたサブリナは、RCSの哲学であるクロスカルチャー・コミュニケーションを体現する存在です。

    国が異なれば、アプローチを変えていく必要があることは、とても面白いですね。ある文化で大切なことが、他の文化ではそうでないこともあります。でも、重要なことは何が大切なのかを知ることです。

  • ジンニン・リ

    パートナーシップ・ディベロップメント・マネージャー

    • Languages: 中国語、英語、日本語、韓国語
    • Growing up: 牛乳、パン、油条(揚げパン)
    • Now: お粥、シリアル、パン
    伝統的な中国北部の朝食:お粥、油条(揚げパン)、中華蒸しパン、卵

    大連の港町に生まれ、6年以上のクロスボーダー・マーケティングとプロモーションの経験を持つジンニン。マルチリンガルとマルチカルチャーが、国際的なマーケットへの鋭いインサイトを可能にしています。

    購買意欲に影響するものに関心があります。中国の買い物客は、値段が高くても「相対的な価値」で取引を考えます。その他の国では、「絶対的な」価格がもっと重要だと考えます。このように理解することで、それぞれのマーケットで最善のオファーを開発することができるのです。

  • アデレード・ムーア

    パートナーシップ・ディベロップメント

    • Languages: 英語、日本語
    • Growing up: シリアル、トーストにベジマイト、トーストに卵
    • Now: フルーツとヨーグルト、トーストにベジマイト、トーストに卵
    伝統的なオーストラリアの朝食:トーストにベジマイト

    シドニー生まれのアデレードは、デジタル・マーケティングとコミュニケーションのバックグラウンドを持ち、現在は3つの大陸でパートナーシップを構築しています。 日本についての知識やスキルは、言葉だけでなく文化にもおよび、クライアントの目標達成に欠かせないものとなっています。

    日本へ初めてやってきた時、すべての文化がオーストラリアと同じ「交友関係」であるわけではないと理解しました。文化間で異なる関係のニュアンスをつかむことで、業務上のしっかりとしたパートナーシップを構築することに役立てています。